浮気調査の第一段階ですべき事は、浮気が実際

e-興信所結婚ガイド
e-興信所結婚ガイド■HOME >> 浮気調査の第一段階ですべき事は、浮気が実際

浮気調査の第一段階ですべき事は、浮気が実際

浮気調査の第一段階ですべき事は、浮気が実際に行われているか否かを明確にする事です。浮気の痕跡が確かでない場合は一度、浮気調査を続けるか決める必要が出てきます。
調査により浮気が確定した場合に、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。
パートナーの日々の行動を追跡したり、些細な痕跡も見逃さぬよう様々な方法で、パートナーと不実を働いている相手を確認するのです。興信所と探偵事務所の違いとしては、格別違うところが無いと言っても言い切れます。



双方とも、浮気調査、身辺調査、類似した仕事をしています。
でも、違いをあげるとしたら、傾向としては興信所は企業や団体から多く依頼され、探偵は個人向けのようです。

探偵に依頼した浮気調査に支払う費用は2つに分けられ、「実費」と「時間給」になります。


実費には移動にかかる費用、フイルムや現像料などをいいますが、張り込み時の食事代が加算される場合もあるでしょう。また、時間給は調査員の人数×調査時間で、費用が算出されます。短時間で調査を完了すると費用も安くすむわけです。

食事をした際の請求書には飲食時の同席者の人数が記載されている可能性があるので、浮気と特定する材料となります。

あわせて、クレジットカードの支払い項目は月々チェックするようにします。



出張時の利用にも関わらずビジネスホテルではないとか、一人で宿泊したにしては高い宿泊費だったりしたら、同伴者がいたと判断される事があります。GPS端末は、車の使用者に見つからないようなところに装着して、行動を常時監視し続け、現在地を把握したり、データログを後から読み出し調べたりします。
車より、徒歩、自転車、公共交通機関などを使う事の多い人なら、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。そうすれば、相手がどこに行ったのかやそこにどのくらいいたのかもわかります。探偵事務所のなかでも料金が成功報酬のところは、調査が成功しなければ報酬を得られないリスクというが大きく、成功した場合の料金が割高に設定されています。その結果として、成功報酬の方が、浮気調査にかかる費用が安くなるとは言い切れません。


どこまで調査してもらえるのか調査内容などもよく確認して、信頼できる料金システムを提示している探偵事務所に依頼することが重要なのです。
尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行にかかる時間が短い方が、少ない費用になります。


というわけで、尾行依頼を探偵にする時には、日頃のパートナーの行動パターンをよく知っておくことが大切です。自分自身が怪しいと思っている時間帯や曜日に探偵に尾行を依頼すると、探偵にも余計な労力がかからず、双方にとって利益があります。


今までと違った格好をするようになったら、怪しいです。

浮気の相手が好きな格好をしようとしていたり、わずかでも自分をよく見せたりしている場合があります。
突然、服装の色やデザインが年齢とは合っていないものをセレクトし出したら、相当に危ない予兆です。



その時、お洒落な下着を身につけるようになったら、浮気の可能性があります。


プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚をしないという選択肢もあります。その中でもお子さんがいらっしゃるご夫婦の場合、配偶者の浮気が確実なものになったからといって離婚などそう簡単にすることなどできません。相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで子育てをするのはそう簡単なことではありません。

男手一つで育てる場合にもまた同様で簡単に仕事と両立することはできないでしょう。探偵の場合には、不審に思われることを避けるようきめ細かく配慮しながらいわば地道な調査方法を取りますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、興信所から来たことを明かして正面からの調査を行う傾向にあります。目的の人物の動きを把握するのは探偵の方が上手く、一方、興信所は情報を集めることが上手だと言っていいでしょう。

メニュー

Copyright (C) 2014 e-興信所結婚ガイド All Rights Reserved.